読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の俺の心理状態

感情型の思考について書いていたら
自分もすっかり感情型の思考に戻った

一時的なものかそうでないか分からない


俺はこのままでも別に構わない
ただ頭は鈍くなって文章も進まなくなるのは間違いない


ここは非常に大切ところで、頭を働かせ物事を正確に掴もうとするなら立派な人格なんてものは捨て去る必要がある。断言していい。正確というのは偉いことではない。正確な人が偉人でもない。正確というのは事実の正確な把握に努めるということ。正確な事実を人に伝えようとするなら、確実にハッパをかけるカタチを取らざるを得ない。断言していい。何故ならそうでないと伝える側が伝えられる側に引っ張られて正確な事実の把握が出来なくなるからだ。伝えられる側の感情に引っ張られるのだ。だから伝える側はハッパをかけて頬を叩いて引っ張る必要がある。

まぁそれはいい。


だから今の心理状態で少し前のブログを読み返すと、人を脅迫して言い聞かせているような文章に感じる

俺にそんな気はさらさらなく、とにかく話を分かるようにまとめることに集中して一気に書き上げた結果だ


書いていることに間違いは無いと思うが
しかし評価を与えられないというのも分かる


正確には、評価を与えたくない、敬遠したい、俺を遠ざけたいという社会の合意を呼び起こすことが想像できる


そういった合意の問題性と合意の作る感動性、つまりストーリーについての話を、実は前回しようと思ってめんどくさくなってやめた。またいつかやろうと思う。


まぁ何にせよ俺はこの話を書くのに20分もかかってる時点で、だいぶ感情が頭に占める割合が高くなったと感じる。